猛暑対策展!

2019年7月25日

いよいよ梅雨が明ける時期になり、東京は夏日でしたね。いやあ暑い!

そんな中、東京ビッグサイトで行われている猛暑対策展に行ってきました!

各社、アイディアと工夫を凝らした製品、サービスを展示されていて勉強になると共に刺激を受けて帰ってきました。弊社製品#9097ナダレス空調服レインスーツ空調服様のブースにて展示展開されており、大変高評価をいただいております。

IMG_1544 IMG_1545

夏本番、十分な熱中症対策をして明るく乗り切りましょう!

また、同会場で同時開催の雨具EXPOも視察!猛暑対策展と同時開催ならば来年は是非出展してみたいですね。今から準備して面白いもの展開します。

IMG_1547

 


#8898高視認性スプルーススーツ

2019年7月17日

雨の中でお仕事されている方々を見るとどうしても気になるし、少しでもお役に立てればと思います。

道路工事や電設工事、警備…etc

昨年より販売の8898高視認性スプルーススーツはいかがでしょう?

よく見かけるのは普通のカッパに安全ベストを重ね着するパターンですよね。

もちろん、これでも良いんですけど、ただでさえカッパ暑いし、引っかかって危ないし、安全ベスト濡れたら次の日の使えないし…と、お悩みも多いはず。

この製品はそんなお悩みを一発解決!カッパと安全ベストが一体型なんです。さらにさらに、単なる一体型だとつまらないので、動きの大きい袖口にも二重に反射材を配置。

信頼のオラフォル社製高輝度マイクロプリズム反射材で雨天の安全をサポートします。

***参考動画***

#ヘルメット対応フード

#無線機ホルダー

#腕章用ループ付

#高輝度マイクロプリズム反射材

#パンツ裾ファスナー

#JIS T8127高視認性安全服Class1適合品


アメリカン看護スクラブ・ブランド「チェロキー」!

2019年7月10日

IMG_1491 IMG_1492

この度、株式会社ジンナイはアメリカン看護スクラブ・ブランド「チェロキー」の国内卸売契約を締結いたしました。

チェロキー・ブランドはアメリカにおいて40%以上のシェアを持ち、世界60カ国以上に輸出されており、それはさらに増え続けています。年間数千万点の販売実績から生まれる改善(素材・縫製・デザイン)によって、「薄く、軽く、動きやすく、丈夫」に進化した優れた品質が、世界で広く認められています。

チェロキーは約20年前に日本上陸を果たし、そのカラフルなプリント柄によって日本の医療白衣にも変革を促し、暗くなりがちだった医療現場に明るく暖かい雰囲気をもたらしました。患者さんをリラックスさせ、前向きな気持ちにさせる効果も評判となっています。

ユニフォーム業界で培った販売パートナーシップを活かし、より多くの医療現場で働く方々をお手伝いさせていただければ幸いです。


雨ですね・・・

2019年7月3日

いよいよ梅雨本番の様相です。とりわけ九州の集中的豪雨は心配です。避難指示も出ているようですがどなたも怪我なく、施設や持ち物の損壊等が無いことを心より祈ります。

集中豪雨は困りますが、一方で雨が多いということは農作物やダム等においては恵みの雨という見方も出来ます。

先日、TV番組で芸能人が俳句をしたためる番組があり、「雨」の表現で「零雨」という言葉が出てきました。我々にとっての雨の表現と言えば集中豪雨、ゲリラ豪雨、夕立、などどちらかと言えば「辛い」、」「怖い」、「迷惑」的な意味合いが強い表現が多いように思いますが、零雨は物静かに雨が降る様だそうです。

日本的な風情がありますよね。。。

そこで調べてみました。

なんと雨に関する表現は情緒的なものを含めて400語以上有るらしいです・・・。

翠雨(すいう):青葉に降り注ぐ恵みの雨

瑞雨(ずいう):穀物を潤す喜びの雨

などです。

美しい表現ですよね。

引き続き雨への警戒は十分にしつつも、日本的な梅雨時期も前向きに捉えたいものです。


新カタログ ナダレス総合カタログvol.24紹介 パート2

2019年6月26日

むし暑い日が続く、体調管理も難しい気候が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

残念ながら弊社は雨が多い方がやはり皆様のお役立ちが出来る機会が増えるので、内心は雨が多く不快な天候が続くと嬉しかったりします・・・

さて、今週は4月に発売したナダレス総合カタログvol.24の紹介パート2です。

以前から多くのお客様より商品索引ページはありがたいが、「色別」に検索できるようにしてくれないか?という要望が非常に多かったため、今回のvol.24より「色別目次」を構成しました。

20190626114509_00001

写真左側がそうです。

掲載ページも載せておりますので、是非ご活用ください。


季節予報

2019年6月20日

今日の東京はなんだか肌寒いな・・・と思い、気象庁ホームページで季節予報を確認してみました。

気象庁資料:天候見通し

向う一ヵ月の天候の見通しを添付いたしますので、ご参照ください。

出典:気象庁ホームページ
「図・写真等の名称」(気象庁ホームページより)

どうも全国的に基本は低めのようですね。降水量は平年並み?と言った感じです。雨が多くて、気温が高いとそれだけでイライラしますので、そういう意味では少しはマシかな?とは思いますが、とはいえ「梅雨」です。

あくまでも比較的高温で多湿になるので、スポーツや屋外でお仕事される方は十分に熱中症にご注意ください。

ジンナイでは、雨天でも高温多湿状態でもお仕事をされる方を少しでもサポートできる製品作りを目指します。製品開発のアイディアやヒントは随時募集しておりますのでご連絡お待ち申し上げます。


#9097ナダレス空調服レインスーツ シャワー試験

2019年6月13日

#9097ナダレス空調服レインスーツ、いよいよ入荷しました!

予約販売も好調で、待望の入荷です。

先日のテレビ朝日「グッド!モーニング」でも紹介されてさらにお問い合わせに拍車がかかり、ありがたい限りです。

↓スタジオでも大変好評だったようで、嬉しい。チェックしてみてください。

テレビ朝日「グッド!モーニング」

 

そして、もちろん試作段階、量産途中でも事前に試験はしてきておりますが、入荷した在庫品をシャワー試験。

どこまで行っても「レインウェア」ですから重要事項です。

ちょっとだけ動画公開しています。

かなりの雨量を想定して雨を降らし、試験しましたが大変良好で、着用者の感想としてはムシムシした中での試験だが上手く空気が通り抜け、快適だったそうです。

また、取り込んだ空気で常にレインウェアが膨らんだ状態を保つので、雨の衝撃もなく、ストレスフリーだったよう。

これは嬉しいですね。

きっと雨天時のムシムシ感解消にお役に立てますのでお試しください。(ちなみに冬も使える仕様になっていますので、安心して通年使用可能のレインウェアとしてお考えください)

 


農経しんぽうに新商品#9097ナダレス空調服レインスーツが掲載されました!

2019年6月4日

いよいよ関東地方も梅雨入りの予感です。やはり日本人は梅雨=雨という印象ですよね。それは間違いないのですが、実は年間降水量を見ていると夏から秋にかけてもかなりの降水量を各地記録しており、下手をすれば梅雨時期より降ることもあるんです。つまりは現代の日本において地域差はありますが、6月~9月後半までは「雨」とどう付き合っていくか?が重要になります。

そんな中、天候に左右されるお仕事の一つに「農業」があります。今回、その農業関係の方が週間誌として購読している「農経しんぽう」さんより取材を受け、弊社新新商品#9097ナダレス空調服レインスーツが掲載されました。

かねてより、農業に重視される方の安全で快適な作業環境作りにお役に立ちたいと考えていたので、ありがたい限りです。

IMG_1262 IMG_1261

 


#1100コットンクーラーベスト

2019年5月22日

いよいよ汗ばむ陽気なんて爽やかな季節から梅雨~夏~残暑と暑さ本番を迎えようとしている日本列島。筆者は大変過ごしやすい季節を迎えている中国大連市におり、爽やかな陽気の中、気持ちよくブログを書いております(スミマセン・・・・)

さて、そんな暑さ本番を迎えようとしている日本において熱中症対策は必須事項。弊社もこの5月に発表した新型空調服レインウェアである#9097ナダレス空調服レインスーツが大変好評いただいており、製品入荷前からご予約注文を順調にいただいている次第です。➡動画(クリックしてご覧ください)

実はジンナイでは好評の9097ナダレス空調服レインスーツが発売されるずっと前から熱中症対策を考えていたんです。筆者の考えでは6-10月までは何を着てもとにかく暑い!何万円もする世界的ブランドのレインウェアを着ようともこの季節は圧倒的に汗をかく量と速度が上回るし、暑い!サッカーなんかで着るメッシュベストですら暑さ倍増の気分!何しても無駄!って感じてしまいます。こうなると素材の性能に頼るのではなく、物理的に換気をするか、風を送り込むか、全体を冷やすか、開き直って濡れるか。。と、色々と考えた時期がありました。

そんなときに出会ったのが、このコットンクーラー

1100コットンクーラー

身体に優しい成分で作られた高分子ポリマー内臓で、なんと繰り返し洗って使える冷却材なんです。しかも、最も特徴的なのは無理に冷凍しなくても良い点。当然、冷凍した方がよりヒンヤリ感は増すし、長持ちします。

しかし、いつもいつもこれを冷凍庫に忍ばせて準備万端なんてわけには行かないし、猛暑の際は追いつきません。このコットンクーラーは気化熱の利用したクーラーなので常に湿ってさえいれば、そこに空気の流れさえあれば少しでも熱中症予防に繋がるアイテムなんです。

ジンナイでは、このコットンクーラーをホルスター型ベストの三点(両脇下、首筋)に配置できるようにし、セット販売しております。

1100解説① 1100解説② 1100解説③ 1100解説④

写真の通りにベストについているポケットに冷凍か水分を含ませたコットンクーラーを入れ、背負うようにベストを着、付属ベルトを引っ張って身体にフィットさせてください。

当然、気化熱の応用ですから、#9097ナダレス空調服レインスーツと併用ですとより高い効果が期待できます。

これからの季節、まずはバランスの取れた栄養補給と睡眠、規則正しい生活等で身体を整えるのが一番ですが、雨天時の暑さ対策にはナダレスカタログからご用命いただければ少しでも皆様の熱中症対策のお役に立てればと思います。

頑張って乗り切りましょう!

 

 

 

 


雨乞い

2019年5月13日

関東地方はいよいよ新緑もみずみずしく、汗ばむ陽気が続くようになってまいりました。そんな中、弊社は5月11日土曜日に会社行事として毎年恒例の神奈川県伊勢原市 大山阿夫利神社へ参拝してきました。

目的はズバリ「雨乞い」

一般の方にはご迷惑かも知れませんが、弊社は何だかんだ言っても「雨がっぱ屋」です。雨が降って初めて世間様のお役に立てる仕事なわけで、毎年参拝させていただいております。

IMG_1112 IMG_1113 IMG_1114 IMG_1115参道の様子です。この辺りは何となく温泉街の階段って感じで風情タップリ。階段が続くのですが、まだまだみんな余裕なんです。

IMG_1116 IMG_1118

参道が終わり、いよいよ登山道です。ロープウェイの方、女坂(それなりに緩やかだが時間かかる)、男坂(急こう配続くが、最短ルート)のそれぞれの体力や気力に合わせて社員が散らばり、御祈祷場所である山の中腹にある下社を目指します。

IMG_1123 IMG_1124 IMG_1127 IMG_1133 IMG_1131 IMG_1128

今回筆者は女坂に挑戦。綺麗な景色やマイナスイオンを感じながらも、やはりキツイ!写真撮る振りして適当に休みながら何とか登り切りました。。

IMG_1136 IMG_1135 IMG_1138 IMG_1140

山道抜けて、最後の整備された階段を上りきれば休憩所、ここでホット一休みしていよいよ下社にお参りです。(なんだかおしゃれなカフェみたいなのが出来てました。去年はなかったです)

IMG_1139ここでご祈祷いたしました。

山お降りたら、一風呂浴びて宴会スタート♪

IMG_1143 IMG_1142 IMG_1145

美味しい豆腐料理を堪能し、帰路へ

帰りのバスの中は宴会の続きをする方、爆睡する方、様々で今年も無事に終えることが出来ました。

バス会社様、社務所の方、麓の宿の方、幹事の皆さん、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします!

 


新カタログ ナダレス総合カタログvol.24 発表!

2019年5月8日

ちょっと遅くなりまして申し訳ありません・・・・

新カタログ ナダレス総合カタログvol.24が4月末に発売されました🎉

今回から主に販売代理店様向けではありますが、新カタログの解説書も付けて配布させていただき、大変好評をいただいております。順次、中身の部分で特にお伝えしたいことを紹介していきます。

今日は、何といっても弊社の企業姿勢を表す冒頭部分を掲載します。

実質本位宣言

新聞記事風にさせていただいておりますが、「実質本位宣言」というものです。

近年では業務用と一般用、スポーツ用とファション用なんていう垣根がだんだん薄まってきてその壁が無くなってきています。弊社も自社ブランドとしては業務用を前面に出しておりますが、一方でスポーツ用、ファッション用、アウトドア用など多岐に渡る用途の製品作成をしております。

色々な業界の方々とお付き合いさせていただいている中でも、ナダレス総合カタログはあくまで「プロスペックレインウェア」、「業務用雨衣」を展開するという範疇から外れることなく歩み続けていきたいと思います。その「プロ」の方のお仕事に耐えられる強度や運用性、供給体制などが様々なラインナップでお手伝いできるのがナダレスであります。

現在の商品展開やサービスに至るまでの歴史や苦労、供給体制や製造理念、今後の展望等についてもギュッとまとめて書いてありますので、是非一度ご一読いただけますとより製品選定時にお役に立てるのではないかと思っております。

よろしくお願いいたします。


国内工場:岩手県一関市 丸進工業株式会社

2019年4月24日

ゴールデンウイーク前、最終週は国内工場:岩手県一関市にある丸進工業株式会社にて生産会議・業務改善会議です。こちらは東京と違い桜が満開で、車で20分ほどで到着すつ世界遺産・平泉は風光明美な様相を呈しているようです。

ちょっとだけ工場のご紹介を・・・

当社は現本社所在地である東京都北区にて鉄道員用雨帽子製造請負工場として創業し、以来、防水ウェア、耐薬品ウェア、防寒ウェア、前掛類等を製造しております。その製造部門を強化するために1984年3月 縫製製造部門を分離独立して、岩手県一関市に工場を移転し、別法人として丸進工業株式会社(資本金100万円)を設立しました。

元々得意な分野は官公庁・企業向け制服用途のレインウェア、防寒服ですが、この5-6年の間にファッションブランド、スポーツブランド、アウトドアブランドのOEM製造も請け負い、変化をし続けております。

IMG_1037

正面玄関です

IMG_1041

こちらは原反倉庫です。気づけば多品種少量生産が増えて、多種多様の原反が保管されております(汗)・・・・もちろん、大きなロットのお仕事はウェルカムです!

IMG_1040

自動裁断機です。大活躍ですが、一台では足りないか・・・

IMG_1039

 

縫製ラインです。ベテラン、若手、ベトナムからの技能実習生が一体となって日々研鑽しております。

これからも国内縫製の灯を絶やさぬよう、努力を続けてまいります!ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

お仕事もお待ちしております!!

 

 


ページのTOPへ移動します。