レインウェア撥水(はっ水)加工について

2018年12月13日

いよいよ寒さ本番となってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?さて、本日はお客様から2件ほどレインウェアの撥水加工が以前に比べて弱まったのでは?とご指摘いただきましたので、ご報告申し上げます。

ご指摘の内容、社内でも精査しまして結論としては品番やロットによって異なりますが、確かに以前に比べると弱くなった(耐久性が減った)製品が確かにありました。厳密にいうと製品不良という訳ではないですが、お客様は不快な思いをされていると思います。

では何が起きているか?

IMG_0454

 

上記写真の左側は初期段階で撥水がピンピンに効いています。右側は数十回表面を擦り、撥水が無くなった状態。このようなものを雨天時に着用するとレインウェア生地が水を吸い、全体的にぐっしょりしてとても不快です。また、生地が体にまとわりつくので、水の冷感も感じて濡れた感覚(実際は漏れていませんが)があったり、暑い時期なら空気の流れるスペースがなくなり、かいた汗がベトベトへばりついて不快です。

こうなった製品でも実は防水性試験をすると規定内の合格品であることがほとんどで、問題はないのに表面の撥水が落ちていて上記のようになるから水が漏れてきていると感じてしまうのです。なんでこんなことに???

世界的な動きで従来の撥水剤に含まれるPFOAという物質が生体蓄積性の可能性があるという研究からPFOA使用撥水剤を米国を中心に全廃規制を敷きました(2015年めど)。これにより、欧米へ向けての生地製造メーカーを先頭に撥水剤そのものが変更され、これにより

*以前に比べて耐久性が劣る

*以前に比べて耐油性が劣る

という特徴が出てきてしまいました。切替当初2012年頃はこの性能劣化が顕著であり、冒頭に述べました通りに不快な思いをされた方も多いかと思います。しかし、近年ではメーカーによってその技術差はあるものの、PFOAフリー撥水剤でも耐久性を出すことが出来る技術が確率しつつありますので、今後は改善方向です。

つまりはこのPFOAフリータイプの撥水剤を使用してる生地が対象であるということです。ただ、実際にはPFOAの規制をしていない国で製造された生地には未だ従来型の撥水剤も使用されており、市場では混在しております。

弊社としては、今後は基本的にはPFOAフリータイプを使用し、なおかつ撥水耐久性を向上させるべく日々研鑽してお客様の快適性向上に努めてまいります。

 

 

 

 

 


仲間募集中

2018年11月27日

弊社はおしゃれな街に会社があるわけでもなく、有名な企業でもありません。しかし、小さくとも全国に大切なお客様が多数いらっしゃいます。そして大量に汎用的なモノを作り大量に売りさばくという商売形態ではなく、モノに対してこだわりがあるお客様の細かな要望を、こだわりを持ってモノを作りカタチにしていくそんな会社です。
一つ一つの仕事が細かく、苦労する場面もありますが、確実に「誰かの役に立っている」、「お客様の顔が見える」という喜びを感じることも特徴です。
そんなお客様の満足度UPとさらに多くのお客様のお役に立ちたいという想いから営業アシスタントの増員を考えております。一緒に共感できることを楽しみにしています。

http://


回顧

2018年11月22日

11月に入り、立て続けにお客様の訃報が届きました。いづれの方も長年に渡り弊社品を取扱いしていただいたり、弊社工場をご活用いただいたりと大変お世話になった方々でした。時には厳しくご指導、ご指摘いただき、また時には楽しくお酒を酌み交わしたりもしました。

想いは尽きません・・・。ただ、これを機にまた決意を新たにする機会をいただけたとも思っております。

ご指導いただいたことを思い出すにつれ、今の現状を見つめ直すことができました。お客様サービスの甘さや抜け、製品づくりへの厳しさの欠如、新製品開発のスピード感、キリがありません・・・。

今一度初心に戻り、少しでもお客様のお役に立てる製品づくり、サービスの提供に努めてまいります。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 


第5回 JAVISA High visibility Walking in 皇居 

2018年11月14日

日本高視認性安全服研究所/JAVISA主催のJAVISA High visibility Walking in皇居に参加しております!古くからのメンバーでありながら過去一度も参加したことなく・・・すみません!

IMG_0317 IMG_0316 IMG_0315

弊社営業員です(笑)

一番左は新製品である高視認性安全服JIS T8127 CLASS1をクリアした#8898、中央は高視認性安全服JIS T8127 CLASS3をクリアした#8920、右はその#8920二色並列です。

目立ってますねー、反射帯も本当に良く光ってますね・・・ここまで光ると逆にまぶしいですね。

これらの製品は普段、営業マンがデモで着用したり通勤時に雨の時に着用しているもので、かなり使い込んでいますがこんなにも性能を発揮するとは思いませんでした。素直にうれしく思います。

IMG_0322 IMG_0320 IMG_0319 IMG_0318

他のメンバーとの練り歩き写真です。皇居周辺のオフィスビルとのコントラストが何とも言えませんね。

ただ、本当に反射材、ひいては高視認性安全服は本当に有意義なもので、必要なものだと思います。まだまだ世間一般には認知度が低いのでこのような活動に参加し、少しでも普及するように努力しているところです。昼間も夕方も夜間も、晴れた日も曇りの日も雨の日も、現場で作業される方の視認性、安全性をナダレスは追い求めます。

以前に作成した反射材や高視認色服の重要性を撮影した動画を紹介します。(ちょっと長いですが、面白いのでお時間のある時にでも見てください)↓

 

 

 


ノンスリップ スパイクブーツ

2018年11月7日

新規販売開始品の紹介です。

我らが地元優良企業である大同石油製スパイク底のノンスリップブーツです。

知る人ぞ知るその道では有名なメーカーさんですが、弊社が雨具を製造販売している関係で地元繋がりということもあり、すぐに意気投合。色々と勉強させていただき、ついにジンナイとしても取扱いを開始しました。

色々な種類があるものの、やはり肝心なのは底部(スパイク)!

IMG_0291 7D4CF9F3-2E3D-4966-BA46-9F0E0CBD29D8

簡単に抜けず、簡単に折れず、タテにもヨコにも強いスパイクピン。岩場、ぬかるみ、砂地、濡れた材木、凍った路面、あらゆる場面で「滑らない」を実現。従来は山間作業やフィッシングの場面で威力を発揮してきましたがジンナイとしては自社のレインウェアとセットで防災用品、消防用品として販促してまいります。

IMG_0289

アッパー部には切創や摩擦に強いケブラーやテクノーラを使用し、全体を強化。タフな現場作業にも耐えられます。

質実剛健をモットーとするナダレスレインウェアと安全を重視した匠の技を有する大同ブーツ、これからも皆様の安全と安心の少しでも手助けが出来ればと思います。


#940ウレタン腕カバー

2018年11月4日

いよいよ秋も深まってまいりましたね。

今日は弊社で製造している衛生用品の1つ、#940ウレタン腕カバーをご紹介します。

年間通して数万点を主に食鳥加工工場様や食肉加工工場様へ納品させていただいておりますが、さらに広いお客様のお役に立てるのではないか?と感じ、改めての紹介となります。

要は腕カバーではあるのですが、人気の秘密はその材質にあります。滑らかな基布にこれまたしなやかで軽量なポリウレタンをラミネートしており、超軽量、しなやかだけでなく、「油に強い」んです!

よくあるのが表面の樹脂が塩ビのもの。当然、コストが安く扱いやすいんですがどうしても油分に弱い。そうなると血液や動物油、その他機械油や精油等扱う現場では厳しいものがありますよね。

ポリエチレンなどの使い捨てもありますが、廃棄物の問題にもなるし、フィルム単体だからどうしても強度面が懸念されます。

もちろん、どうしてもその分コストは高いですが、その効果はきっとご満足いただけるはず。

614E8CAD-C44D-43E1-B2A0-EF5289AE5003C8903CAC-C334-4A87-8266-B950353EABEF

更に上の写真のように縫い目の全てを高周波ヴェルダー溶着で仕上げている為に、ミシン縫製品に比べて糸ほつれによる異物混入のリスクも排除してます。


アスナロ農園さん

2018年10月24日

毎週水曜日のお昼休みに野菜の移動販売に来てくれるアスナロ農園さん。

いつも新鮮な野菜をジンナイ社員に安く提供いただき、感謝いたします。皆さん、コリンキーって野菜知ってました?私はアスナロ農園さんで初めて知り、その触感と風味がすっかりお気に入りになってしまいました。

IMG_0184 IMG_0185

これからは秋野菜本番、楽しみにしています。

水曜日のお昼休み前に当社へお越しの方、是非一度お試しください。

 


設備紹介

2018年10月17日

レインウェア製造にもミシンで縫製してシームテープを貼るという一般的な方法に加え様々な技法が近年では用いられています。

今日はその一つ、超音波溶着について紹介します。

253C0C7F-6E11-4BF5-8C61-AD1BE5BA8B23

マシンはこんな感じです。

金色に光ってるのが超音波発生装置で、その下にローラーがあります。接合したい素材同士をローラーに流し込みながらまるでミシンのように超音波と熱を素材へ送りこみ、分子の振動と熱で溶着します。

40BD21EA-B9D8-4913-A0D7-68E279A1D5CB

その後、通常のシームテープマシンでも良いのですが、専用機でシーム部を補強します。

こうして縫い糸を使わずに接合部がフラットな縫製品が出来上がるというわけです。

ベビー用品、み


930ヘルメット用インナーレインフード

2018年10月14日

本日は930ヘルメット用インナーレインフードのご紹介です。この数年、ヘルメット着用が必須の業種の方にはご好評をいただいておりますので、改めて動画を含めてのご案内です。

皆様、ヘルメトットを着用しながらのレインウェア着用はどうされていますか?バイク、自転車、工事、警備、その他様々な現場での危険を伴う作業時など、かなりの方がヘルメット着用しながらレインウェアを着用しなくてはならない環境下にいらっしゃると思います。

弊社も業務用ユニフォーム用途のレインウェアをメインで製造販売しているメーカーですのでヘルメット対応フードや官帽対応フードなどは長年製造してきました。(以下の写真のようなタイプでヘルメットの上にすっぽり被せるタイプ)

930フード解説②

写真を見ていただければ、視界も確保できて防水性は抜群に思われます。そうなんです。抜群なんです。ところが、このようなフードがあるにも関わらず、現場に出向くとかなりの方が以下のようなスタイルです。

930フード解説①

そう、フードを被られない方が結構いらっしゃいます。

どうして被らないのですか?首筋から雨水が侵入して濡れませんか?と何人にも伺ったことがあります。すると・・・・、「確かにフードを被らないと濡れるけど、ヘルメットの上にフードを被ると怖い!」とおっしゃるのです。怖い思いをするくらいなら多少濡れた方がマシということです。何が怖いかというと・・・

①耳が覆われるために現場で音が聞こえず、何度もひやりとしたことがある

②ヘルメット用でフードが大きくなるために風を受けやすく煽られる

③透明ヒサシがあったとしても、やはりどうしても視界が悪い

という三重苦です。とはいえ、首筋から水が入るのも嫌・・・そんな悩みを解決したのが930ヘルメット用インナーレインフード

930フード正面

簡単なことです。

930フード解説③ 930フード解説④

防水性抜群の頭部はメッシュ仕様にしてヘルメットに防水してもらい、首筋は静音タイプでしなやかなレインウェア生地でしっかりガード。こうすることで、

①首筋からの浸水無し!

②耳をしっかり出して音確保(耳は濡れてしまいますが・・・)

③視界は良好!

④風にあおられる心配は無し!

首筋が暑そうに見えますが、前合わせ部を開放できるようになっていますし、釦着脱なので首筋で換気も十分されます。

何よりナダレス品でフードがボタン着脱式のものには全て取り付けられます。一つの企業様内でヘルメット必要な部署の方にのみ支給されている企業様もあります。

ヘルメット着用ユーザー様必見です。

↓以下PR動画

 

 


【告知】株式会社ジンナイでは新規販売代理店様、新商品開発パートナー様を随時募集しています

2018年10月3日

【告知】株式会社ジンナイでは新規販売代理店様、新商品開発パートナー様を随時募集しています

弊社ユニフォーム用途レインウェア、防水エプロン製品の販売代理店に新たになっていただける全国の企業様を募集しております。お気軽に弊社ホームページの問い合わせフォーム、もしくは代表電話03-3911-5121までご連絡申し上げます。

また、

・こんなものが防水だったら・・・

・こんなデザインのレインウェアがあったら・・・

・こういう素材のアパレルを作りたい・・・

等々、弊社の設備やノウハウを利用し製品化への取組をしていただけるパートナー様も随時募集しております。

随時問い合わせフォームや代表電話でお待ち申し上げます。

*実はアパレル品のみではないのです。

某発電機メーカー様の防水カバー、ノートパソコン用防水カバー、防水担架、ネオプレンゴムとターポリンを組み合わせた防水ケース、防水トートバッグなどなど防水生地を使用した小物や周辺品も多数製造実績ありますのでお気軽にご相談ください。

ここでも大きなロットになれば海外工場、お手頃なロットであれば国内工場、極少量ならば東京本社工場と生産体制も多様ですので、ご安心ください。


ジンナイの特技:既製品レインウェアに対する付加加工(追加加工)のご案内

2018年10月1日

いつもジンナイ製品をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。さて今週は、お馴染みのお客様にはご理解いただき、ご利用いただいて弊社サービス(ごめんなさい、有料ですが・・・)の一環である既製品レインウェアに対する後加工サービスをご紹介いたします。

学生服でも、企業、官公庁向けユニフォームでも、例えば①個人名刺繍入れ、②オリジナルワッペン縫付、③オリジナル反射帯を追加加工、④企業ロゴ等のプリント加工等々はもちろん費用は掛かるかと思いますが、各企業・団体様は作業服や制服に当たり前のように購入される業者様へ依頼されていることと思います。

ところが、私どもレインウェアメーカーが個人ユーザー様でも企業・団体様でも直接お話する機会があると、「えっ?レインウェアにもプリント入れられるのですか?」とか「雨衣にもオリジナルのポケット追加加工なんかできるのですか?」などと、ジンナイにとっては当り前と思っているサービスが結構驚かれることがあります。よって、良い機会なのでこちらでご紹介させていただきます。

①窓加工:企業ユニフォームなどでIDカードを毎日着用する作業服や制服には入れている企業・団体様がほとんどです。ところが、毎日着る作業服は企業ロゴ入れても良いが、たまにしか着用しないレインウェアには企業ロゴ入れたくない!➡なんでですか?と問い合わせると、「たまにしか着用しないから良く紛失する」、「よってロゴ入して不正利用されるリスクあるなら要らない」とう声もあるのは事実。

IMG_0124

そこで、写真のように既製品に中に着用する作業服のIDカード位置に合わせて透明生地での窓加工することができます。これにより、一番外にたまにしか着用しないレインウェアを紛失したとしても問題なく、ロゴが無くともどこの企業の従業員なのか?を外部の人に知らしめることが出来るわけです。

②反射加工:近年では制服・ユニフォーム市場では「エコ」とか「機能性」、「デザイン性」などはもちろん大事ではあるけども、むしろ「安全性」を優先する企業様が増えているように感じます。そんな中、特にレインウェアは昼間でも曇天のケースが多く、視認性が悪いのが通例。こうなると、雨衣全体の昼間の視認性向上、特に「夜間の視認性向上」が必須条件となっています。

ところが、単に視認性を向上させようとすると、JIS規格に即して派手な色使いをすれば問題ないですが、他社ユニフォームレインとの差別化が図れずにお困りの企業・官公庁様が多いのが実情。ではなぜ、他企業・他団体と差別化が図れないとならないのか?それは色々な要素がありますが、その企業・団体様の採用実績や実際の従業員様のモティベーションにも影響を与えているようです。仕事中、しかも雨天時に着用するウェアは快適で、他人から見たらかっこよく、視認性が高く安全性が担保されている必要があります。

ジンナイではそんな悩みを解決しています。

1.単純な反射加工化

8850オレンジ正面 (2) IMG_0128

上の写真は同じ製品です。左は既製品・・・・。右は既製品に対して胸、胴、袖に反射帯を縫付、止水テープ加工をし、左胸に反射ロゴプリントを入れています。これを行うことで、企業イメージを保ちつつも視認性規格に捉われることなく、視認性と安全性を向上させることができます。

2.よりオリジナリティを追求した反射加工

IMG_0129 IMG_0130 IMG_0131

写真は初めから「何も加工していない袖」、「赤い反射材を当てた袖」、「黄色い反射材を当てた袖」の順です。かなり印象が違いますよね?単に取り付ける反射材を変えるだけでこんなにも印象が違うものなのです。

③その他加工:以下の写真にあるように例えば袖にペン差しポケット+安全ピンで縫い付ける腕章用ループなどを後加工できます。

IMG_0127

ここまでくればどうでしょう?

ジンナイへレインウェアの話をすると簡単に既製品を使用してユニフォーム化(オリジナル化)出来るという気になってきませんか?もちろん、無料ではできません。街にある洋服リフォーム屋さんでもデニムの裾上げやスラックスのウェスト出しでもかなりの料金を取ると思います。

それなりには掛かりますが、そこは「業務用専門メーカー」です。ご予算に応じて出来る限りご協力単価でやらせていただきます。

なぜこのようなサービスを?とよく聞かれます・・・。正直、手間はかかるし、リスクもあります。ところが、ジンナイの考えでは本来は日本中、世界中の企業・団体様にオリジナルのレインウェアを着用して欲しいという願いがあります。でもそれは叶わぬ願い・・・。それならば、少なくとも弊社と関わってくださった企業様へは少しでも「オリジナリティ」の高いレインウェアを着用して欲しいという素直な希望があります。

何せ、ユニフォームとは、「Uni(一つの)」+「Form(形)」な訳ですから唯一無二である必要があるわけです。よって、例えプリントロゴ入だけだったとしても誠心誠意対応させていただきますので、どしどしご要望ください。

 

 

 


急な天候変化怖いですね・・・

2018年9月19日

こんばんは。

弊社は東京都北区にありますが、昨日、一昨日と夕方~夜にかけていわゆるゲリラ豪雨に見舞われて車を運転するのも怖いくらいでした。写真にあるのは8月26日に発生した雷雲で、ここまで来ると恐怖を覚えますね・・・

雲

 

地震や台風の被害が日本列島を襲っておりますが、雨による水害も甚大な被害をもたらしております。

ゲリラ豪雨にも抜群の耐久性を持つようなレインウェアを開発できれば良いのですが、昨日のような強烈な雨の時は車の中にいても恐怖を感じるくらいですからそんな中、何を着用しようとも屋外での作業は中止になると思います。(中止してください)

むしろ、雨がどのくらいの時間振り続けたかによるのだと思いますが、雨が弱まった後の河川の氾濫による水害が怖いと思います。よくテレビ中継などでリポーターがレインウェアにヘルメット姿で中継している姿を拝見します。そんな中、現場で 土嚢を積んだり、瓦礫を撤去したり、様々な作業をされている方も良く映ります。皆さん、一様にヘルメット、レインウェア、グローブ、長靴。というスタイルです。

これはこれで良い装備だと思いますが、もう一歩進んで弊社は新型の装備を今後展開し、ご紹介してまいります。

今の時点ではオフィシャルにはできませんが、個別にご連絡いただければご案内は出来ますのでご期待ください。

 


ページのTOPへ移動します。