人間の体に備わる冷却システム

激しい運動をすれば、1時間に1000cc以上の汗をかく事もありますが、1000ccの汗が全て蒸発した場合、気化熱によって580kcalもの熱を体から奪います。これは、重労働である木びきを1時間行い続けた場合の産熱量(480kcal)を充分にカバーします。発汗量は脳でコントロールされ、必要な時に必要な量を発汗するようになっています。この生理的な冷却システム(以下「整理クーラー」)は、「汗を蒸発させる為の仕組」が備わることで、十分な効果を発揮します。この生理クーラーの原理を利用したのが空調服です。2基のファンにより取り込まれた空気は、服と体の間を平行に流れ、その過程でかいた汗を瞬時に蒸発させます。生理クーラーが正しく動作している状態(かいた汗が瞬時に蒸発され続けている状態)を作ることで発汗量は体が必要としている量となり、着用者の着用時の状態に応じた適切な冷却を行う事が可能となります。

Point1

人間には暑さを検知するセンサーの情報を脳で処理し、その人の体がそのときに求めている冷却量に応じた汗をだす、「生理的なクーラー」が備わっています。

Point2

汗(水)100ccが蒸発すると、氷800gが溶ける時と同じ熱量を体から奪います。

Point3

体に対して平行に新鮮な空気が十分に流れていれば汗を完全蒸発させる事が出来ます。空気の流れがなければいくら水を飲んでも無駄な汗として流れ、体を冷やす事は出来ません。

Point4

体と平行に新鮮で大量の空気の流れを作るのが空調服です。空調服によって汗を完全に蒸発させ、着用者の着用時の状態に応じた最適な冷却を行う事が可能です。

図表1

空調服は体の冷却に寄与しなかった無駄な汗(液体汗)を蒸発させる事によって、快適に感じる温度範囲を大幅に拡大することができます。

A

寒く感じる時で発汗していない。

B

汗は気体汗のみであり、体表面温度は汗の気化熱でちょうど良く制御されている。

P

快適限界点。湿度と空気の供給量によって決まる。風があればP点は右にシフトし快適な範囲が広がる。

C

液体汗が出て暑い。液体汗が出るのは、発汗量に対して新鮮な空気の供給が間に合わないからである。

「生理クーラー」の原理を利用、清涼感が全身に行き渡ります。

激しい運動をすれば、1時間に1000cc以上の汗をかく事もありますが、1000ccの汗が全て蒸発した場合、気化熱によって580kcalもの熱を体から奪います。これは、重労働である木びきを1時間行い続けた場合の産熱量(480kcal)を充分にカバーします。発汗量は脳でコントロールされ、必要な時に必要な量を発汗するようになっています。この生理的な冷却システム(以下「整理クーラー」)は、「汗を蒸発させる為の仕組」が備わることで、十分な効果を発揮します。この生理クーラーの原理を利用したのが空調服です。2基のファンにより取り込まれた空気は、服と体の間を平行に流れ、その過程でかいた汗を瞬時に蒸発させます。生理クーラーが正しく動作している状態(かいた汗が瞬時に蒸発され続けている状態)を作ることで発汗量は体が必要としている量となり、着用者の着用時の状態に応じた適切な冷却を行う事が可能となります。

空気の流れのイメージ

服内を駆け巡る風が、爽快感を生み出す。

人は体温が上がると脳が検知し、必要な量の汗を出します。汗が蒸発する際の気化熱で体温を下げる「生理クーラー」と呼ばれるメカニズムは「汗を蒸発させる為の仕組み」が備わることで、十分な効果を発揮することが出来るのです。
空調服は、ファンから服の中に毎秒約20リットル(500kcalシリーズ)の外気が取り込まれます。取り込まれた空気は、服と体の間を平行に流れ、その過程でかいた汗を瞬時に蒸発させます。体は気化熱を奪って冷え、服の中を通った暖かく湿った空気は襟元と袖口から排出されます。

袖口、襟元

空調服によって生理クーラーが正しく作動している状態では、発汗量は体が必要としている量となり、着用者の状態に応じた適切な冷却を行う事が可能となります。また、夏場でもエアコンで室温を大幅に下げる必要が無いため、省エネ効果はもちろん、熱中症や冷房病の帽子も期待で来ます。

ページのTOPへ移動します。